マウスピース矯正について|品川区大崎で歯科をお探しの方はBスマイル歯科・矯正歯科まで

マウスピース矯正とは?

マウスピースを使った矯正は、透明で薄いマウスピースを使用するため装着中もほとんど目立ちません。
食事や歯磨きの際には取り外せるため、食事もこれまで通り楽しめます。
当院で扱っているマウスピース型矯正装置「インビザライン」はお1人につき、歯並びの状態にもよりますが
7枚から14枚程度、14枚から20枚程度、30枚から80枚のマウスピースをを製作し、
1日20時間以上装着して歯が動くごとに新しいマウスピースに交換していきます。
その効果や安全性から、全世界80ヵ国以上で使用されている矯正装置です。
※薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

当院の特徴 »

当院で対応可能な種類 »

インビザラインのメリット

  • 透明で目立ちにくい

    イメージ画像

    マウスピースは透明で薄いため、近くでじっくり見なければわからないほど目立ちません。

  • 取り外しができる

    イメージ画像

    取り外して食事ができるため、「食べにくい」「装置に食べ物がはさまる」といったトラブルがありません。また、これまで通り歯磨きできるためむし歯になりにくく、装置もまるごと洗えて衛生的です。

  • 比較的、痛みが少ない

    イメージ画像

    ワイヤー型の矯正装置は金具が粘膜に当たる痛みや、歯をしめつける痛みを感じることがあります。インビザラインは少しずつ歯を動かすため痛みが出にくく、お口を傷つけることもありません。

  • 金属アレルギーの心配がない

    イメージ画像

    インビザラインで使用するマウスピースはプラスチック製で金属を一切使いません。そのため、金属アレルギーの方にも安心です。

  • 信頼性の高い矯正装置

    イメージ画像

    インビザラインはマウスピース型矯正装置のなかでトップシェアを誇り、世界中で900万人以上の治療実績(2020年12月現在)があります。圧倒的な治療データを基に日々改良が加えられているため信頼性が高く、自信をもっておすすめできます。

インビザラインのデメリット

  • 適応できない症例がある

    口や歯の状態によってはマウスピースを使った治療が難しく、ワイヤーを使った矯正をおすすめする場合があります。

  • 装着時間の管理が必要

    一定の時間(1日20時間以上が目安)、装着しないと効果が望めません。装着時間を管理することが重要です。

忙しい方にもおすすめの理由

イメージ画像

一般的なワイヤーを使った矯正治療では、月に1度通院して装置を調整する必要があります。また、歯磨きが難しくなるため定期的なクリーニングも必要です。
一方、インビザラインは治療計画に沿ってマウスピースをご自身で交換していくため、1~3カ月に一度(平均1.5カ月程度)の通院で着実に歯を整えていくことができ、歯磨きもこれまで通り行えます。

治療の流れ

  1. 1カウンセリング・検査

    口の状態や患者様のご希望などをおうかがいし、詳しく検査を行います。検査結果をもとに、今後の治療についてご説明いたします。当院の矯正歯科医師は経験が豊富なので、不安なことなどがありましたら、なんでもご相談ください。

  2. 2マウスピースの製作

    治療計画にご納得いただけましたら、マウスピースを製作します。専用のシステムを使い、顎の骨や歯の動きなどを細かくシミュレーションいたします。

  3. 3治療開始

    マウスピースが完成したら、治療を始めます。マウスピースは1日20時間以上の装着が必要で、一定期間ごとに交換します。1ヶ月~3ヶ月ごとに1回通院していただき、経過を観察いたします。(通院頻度は症状によって異なります)

  4. 4保定・メンテナンス

    歯並びが整ったらすぐに治療が終わりではありません。歯は不安定な状態なので、歯列が元に戻らないように「リテーナー」と呼ばれる保定用のマウスピースをつけます。1~2年ほどかけて歯列を安定させます。保定が終わってからも、定期的な検査で健康な歯や整った歯並びを維持していきましょう。

よくあるご質問 »


  • シェア
  • ツイッター
  • LINE