フッ素塗布について (予防歯科)|品川区大崎で歯科をお探しの方はBスマイル歯科・矯正歯科まで

お知らせ

フッ素塗布について (予防歯科)

2015年6月7日

Bスマイル歯科矯正歯科では、0歳からの歯科検診や虫歯の治療、フッ素により歯質強化し、シーラント(予防充填)も行っております。

IMG_3523

フッ素塗布、いつから行えばいいのかと良く患者様様から質問をいただくことがあります。Bスマイル歯科矯正歯科では、歯が萌えた時から、うがいを出来るころまでは6か月に1回程度、うがいが出来るようになれば(目安として3歳前後)3か月に1回程度をおすすめしております。永久歯列完成までは、予防歯科中心にメンテナンスを行っていきましょう。

(注意⇒患者様の状態によっては塗布の間隔は多少異なります。)

fuso

小学生、中学生の患者様へ。
フッ素はいつまで塗布するのとご質問をよくいただきます。
フッ素は、歯が取り込むことにより酸に対する抵抗力を高めて、虫歯になりにくくするのに役に立ちます。ただし、定期的に塗布しない効果がどんどん薄れてしまいます。
最近では、中学生にも歯周病が目立ってきています。
子供の歯から大人の歯の交換する場所ががある限り(萌えたての歯がある限り)、フッ素塗布は有効と考えます。萌え初めてから1~2年かけて歯が強くなります。その所が大事なので、小学校高学年、中学生でも歯のクリーニング及びフッ素塗布、お口のケアを大事にしてくださいね。

シーラント(予防充填) ⇒ むし歯の多くは、歯の溝からできることが多いので、臼歯部のむし歯になりやすい部分の溝をあらかじめ埋めてむし歯を予防しようという考えの治療です。特に生えたての若い歯に効果的です。費用も保険診療の範囲で行えます。

お子様連れの患者様へ
なかなか歯医者に行きたくても子供がいるため、・・・。子供の歯のケアはしっかり出来ていても、自分のがおろそかになりがちになっていませんか?
Bスマイル歯科矯正歯科では、ベビーカー等でお子様と一緒に来院していただき、当クリニックのスタッフがキッズスペースでお世話をさせていただき、お父様、お母様の治療をするなんてことも可能です。
我々も、子育てをして思うのが、子供を安心して預けながら、そばでみてもらえれば、なんて思うときも多々あります。
お子様連れで来院される場合、お電話でその旨伝えください。同じ時間で親子で治療する事も可能です。
よろしくお願いいたします。

待合 ⇐キッズスペースのおもちゃ
大崎、西品川、戸越地区の方お待ちしております。

Bスマイル歯科矯正歯科は、土曜日、日曜日も診療を行っています。

土曜日、日曜日 ⇒ 10時~17時まで(12時~13時 昼休み)

大崎に笑顔を。